島根大学とのヒト介入試験が終了しました

2017-11-16

平成27年11月より、島根大学医学部と飯南町内の試食モニターの皆さまのご協力のもと実施しておりましたヒト介入試験が、平成29年11月16日をもって終了いたしました。試食モニターの皆さまは毎日の食事のことであり、ご苦労があったことと存じ上げます。2年間本当にありがとうございました。

このヒト介入試験は、平成27年島根発ヘルスケアビジネス先進モデル構築支援事業、平成28年度しまね地域資源産業活性化基金助成事業の中で実施したもので、飯南町内の65歳以上の試食モニターを超高水圧加工玄米摂取群20名と白米摂取群20名にわけて認知機能などを調査しました。

 

試験結果については、12月9日開催されます島根大学医学部主催の「第5回認知症予防・治療・介護の最前線シンポジウム2017」にて発表予定です。

どなたでも参加可能ですので、参加をご希望の方は添付の用紙に必要事項をご記入の上、島根大学医学部(FAX:0853-20-2110)へお申し込みください。

第5回認知症予防・治療・介護の最前線シンポジウム2017

申込書

 

Copyright(c) 2014 nopsato.org All Rights Reserved.